第1回なにわなんでも大阪検定

2009年06月21日

まいど!!番頭です。
気が付けばカラ梅雨の6月でございますが・・・。
番頭のブログもカラカラで1ヶ月が経ってしまいました。


そして1ヶ月ぶりのブログ更新でございますが、
実は本日(平成21年6月21日)、
大阪でもご当地検定
「第1回なにわなんでも大阪検定」が行われました。
今年第1回目の大阪検定受験者は6000人以上だそうで、
目標の5000人を超える受験者数だそうでっせぇ。



大阪の教科書























番頭も今年で39歳なのでございますが、
ぶ厚い本「大阪の教科書」をチラチラと見ながら
ちょっと軽い気持ちで
一番簡単そうな3級を受験したわけですが・・・、
最初は今回の大阪検定では、
まず大学の講義室での“検定試験”という雰囲気が、
十何年ぶりに学生気分に戻ったようで、
“懐かしいなぁ〜。”てな感じで浮かれておりましたが、
検めて周りを見てみると周りは真剣モード!!
簡単そうな3級だから試験時間90分のところ、
60分で試験を終わらして退室するつもりだったのですが・・・、
悲しいかな番頭は最後までエンピツを持っていたわけで、
ちょっと大阪検定の問題を見るまで
完全に検定を舐めていました。



第1回なにわなんでも大阪検定











心配な合否は8月5日なのでございますが、
でも今回のご当地検定である
「なにわなんでも大阪検定」を受けて、
またまた大阪の奥深さを再認識した番頭でございました。


問題 大阪の象徴とも言うべき大阪城は築城以来、
幾重もの歴史を経ています。現在の天守閣は何代目でしょう?


―藺
二代目
三代目
せ預緻


答えはぜひ大阪城天守閣へおいでやすでっせぇ。


てなことでほなまた番頭でした。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たまぞうくん   2009年06月23日 07:38
大阪市東成区を中心に町の魅力を探すブログを作ってます。
今日受けた大阪検定の解答速報もつくってみましたので、
よかったら一度見に来て下さいね^^
http://blog.goo.ne.jp/tamazou_kun/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔