【高津神社(こうづじんじゃ)】

2006年11月06日

高津神社高津神社は、
古い歴史を
持つ神社でございます。
浪速の地を皇都(高津宮)と
定められ大阪隆昌の基を
築かれた仁徳天皇を
王神と仰ぐ神社であります。


もともとは大阪城付近にあったそうですが、
大阪城の築城の際にこちらに移転したとのことです。


落語「高津の富くじ」の
舞台にもなった神社でもございます。





絵馬堂また高津神社にある
絵馬堂は江戸時代には、
展望の名所として
全国にも知られており、
「遠眼鏡屋」という商売で、
ここで望遠鏡を貸して
大阪のまちなみの説明をする
商いが庶民の娯楽として
にぎわっていたそうです。
残念ながら、いまはビルばかりで
遠くを見ることはできませんが・・・。


でも高津神社で、桜の花が咲く季節には、
「桜まつり」があり、地元の人たちで賑わい、
とてもいい花見が出来ます。
また季節を問わず、憩いの場所でもあります。


当館から徒歩7分で行ける神社でございますが、
繁華街とは違った古都の大阪風情を
感じられる神社でもございます。


一度足を伸ばして
頂ければと思います。



kaneyosi2006 at 00:17│Comments(0)TrackBack(0)clip!大阪観光情報 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔